サッカー上達

とにかく決める!サッカーの上達方法とシュートの極意

サッカーでシュートを決めることほど重要なことはありません。もちろん11人で行うスポーツですのでお互いがお互いを尊重しプレーしていくことは重要ですが、最終的に点が入らなければチームが勝利することはないのです。そのためにシュートを決める技術は非常に重要になってきます。

シュートの技術の上達にはまず、蹴る力が重要です。最大の筋力を鍛えることも確かに重要ですが、この場合自分の蹴る力の加減を知ると言うことになるでしょう。最大の力が大きければ、対応できる力の幅も大きくなります。状況に合わせた力加減でシュートするためにも蹴る力を鍛えることは大切なポイントと言えます。

シュートの技術の上達には次に、蹴るパターンが重要です。キックの種類ももちろんですが、これも蹴る力と同様に自分の蹴り方でどのようにボールが軌道を描くのか、回転するのかを把握する必要があるでしょう。このパターンを把握すれば状況によってどのような蹴り方が良いのかを把握することができるようになります。

シュート技術の上達にはこの他にも、身体のバランス力も重要です。ゴール前まで進めば相手チームの干渉はより大きくなります。押されても引っ張られてもある程度自分の身体をボールが蹴れる状態にできる技術が必要になるのです。また、素早く動くという技術も必要でしょう。味方からの有効なボールを受けるときに周りの相手選手を欺いた動きができることも技術の一つと言えます。

技術的なことを多くお話ししましたが、最終的にはゴールを決めるという強い意志が必要なのではないでしょうか。常にゴールを意識し、どのようなタイミングでも積極的にゴールを目指す。強い精神力は練習を重ねれば重ねるほど強くなるものであると言えます。その精神力を自信に変えるためにもまず、今日でも明日でもまずは一本シュートをしてみましょう。

パスの上達に欠かせないサッカーの練習方法

サッカーの練習の中でもパスの技術を向上させるための練習は、シュートやドリブルに比べ多くの能力が必要な練習です。シュートやドリブルの場合想定するのは相手チームの選手です。しかし、パスの場合は空いてのチームの選手に加え、味方のチームの選手も強く意識しておく必要があります。正確に望んだところにボールを届けることを大前提に、ボールを受け取る味方選手の癖や特徴、相手チームの動きや速度、グラウンドの状態やボールの挙動、天候や風向きなども考える必要が出てくる場合もあります。

正確なパスの練習にはまず、狙ったところにボールを落とす練習を重ねることになるでしょう。当たり前の話のようですが、この先には更にパスを受ける相手のことを考えるという練習も必要になってきます。狙ったところにボールを落とす練習はとにかく何度も自分で蹴ってみる事です。シュートやドリブルの場合一流プレイヤーのテクニックなどを参考にして結果がどうであれ即座に真似ることができますが、パスの場合一流プレイヤーのテクニックを盗んでも実際に自分のプレイに取り込むには非常に時間がかかります。パスの場合は見て学ぶよりも実際に何度も繰り返し練習をすることが特に重要になってくるのです。

ある程度正確に目標地点にボールを運ぶことができるようになったら、今度はそのバリエーションを増やします。右から落とすのか左から落とすのか、上から落とすのか下から転がすのか、何度かバウンドして回転が弱くなったボールを届けるのか回転を保った状態で届けるのか、そのバリエーションは数限りなくあります。

最初から高いレベルを目標とすることは厳しいかもしれませんが、目標より高い到達点に達することは稀です。無謀な挑戦でも続けることが重要であることを頭に置き、絶え間なく練習を続けていくことを心がけましょう。

ポジションがどこであれパスの正確性は選手の信頼度に比例します。正確なパスを出せるプレイヤーはチームにとっても非常に重要なプレイヤーであり、中心的な役割を担うこととなります。中心になればなるほど相手チームからの当たりも強くなってきますから、ボディーバランスの向上も非常に重要になってきます。あなたが正確で相手のことを考えたパスを出せるプレイヤーであれば、ゲーム中に限らずチームがどんな状況に陥っても全員があなたを中心に動くようになるでしょう。

ドリブルから上達するサッカー練習法とは

サッカーには様々なテクニックが必要です。その中でも中心になるのはパス・ドリブル・シュートのテクニックで、それらを上達させていくことで総合的に上達していくということになるでしょう。このパス・ドリブル・シュートの中で特にどのテクニックの上達が大切ということはありません。バランスよく上達することで全体的なレベルを向上させるということになりますが、それぞれのテクニックには性格的にも技術的にも向き・不向きがあります。

今回はドリブルを中心に上達していくサッカー練習法についてお話ししたいと思います。

ドリブルを得意とするプレイヤーを特にドリブラーと言いますが、欧米やアフリカの選手に比べてこのドリブラーは多くありませんでした。理由はいくつかありますが、まず、体格的に小さく、相手が外国の選手の場合体格的に負けてしまうので、一人の選手がボールを持ってパワーで突き進んでいくよりもパスに頼ったほうが効率が良いということがあります。また、子供の頃の周囲の環境も影響しているといえるでしょう。子供がのびのび遊べる広い空間がたくさんあり、ゲームなどの娯楽が少ない途上国ではボールは唯一のおもちゃという環境になる場合もあります。

では、日本人がドリブラーを目指すのは無謀な挑戦なのでしょうか。

上記の理由を考えると日本人にはとうてい無理なプレイスタイルということになりますが、決してそういうことではありません。体格についても今は昔に比べ海外の選手に比較するとまだまだ大きくはありませんが、大きくなってきています。練習の環境もどこでも出来る環境ではありませんが、そのぶん技術や練習環境などを整えてレベルの高い練習を行えるようになってきています。目指して練習すれば決して不可能ではない環境になってきていると言えるでしょう。

実際にドリブルから上達するには、まず海外や国内のドリブラーの動きを真似することから始まります。一流選手の映像を見てそれを真似することで技術の向上を計り、その中でも自分にあったプレイを探していくことが重要になってくるでしょう。実際にプレイしているところを間近で見ることが最も良いですが、なかなかそのような状況には巡り会えないのが通常です。DVDや写真などの映像媒体で一流選手の動きを解析しながら見て、ボールをコントロールする能力に注力して練習していけば必ずや将来日本を代表するドリブラーになれることは間違いありません。

子供のサッカー技術の上達のために親が心がけることとは

子供がサッカーに夢中になりサッカーの選手を夢見るようになると、親としてはぜひとも叶えて欲しいと思うようになります。しかし、子供がただ望んで練習しているのを見ているだけではその夢は夢で終わってしまします。子供は熱が入るのもすぐですが、その熱が冷めていくのも早いことはだれよりも両親がわかっているでしょう。

そうならないためにもサッカー選手を夢見る子供を親が上手に導いていく必要があるのです。導くにはサッカーの技術があればあるほど良いということにはなるでしょうが、必ずしも導く親の方にサッカーの技術が必要なわけではありません。一流のサッカー選手の親が全員サッカー選手なわけでもありません。親にサッカー技術が全くなく、足でボールを蹴るゲームであるということ程度しか知識がないとしてもポイントさえ押さえていればサッカー選手を夢見る子供を上手に導いていくことができるのです。

そのためには子供とのコミュニケーションの中で情報を得ることが大切です。最初の頃はただ練習をすれば楽しいという情報しかでてきませんが、そのうちに「友人の中で誰がすごいか」や「自分はこんなプレイヤーになりたい」といったことを言うようになってきます。その他にも様々なサッカーに対する考えを表現し出したらこのタイミングが重要なのです。「すごいなぁ」「こうなりたいなぁ」というところで子供たちの思考はとまります。これを「どこがすごいのか」「どうすればなれるのか」と具体的な思考へと繋がるような問いかけをすることが重要なのです。子供たちはこの問いかけに対して自分で答えを出そうとします。これが重要です。しかし、気を付けなければいけないのは、あくまでも主導は子供たちに置くということです。きっかけを提供することが非常に大切ですが、それに対して「あの件はどうなった」などと更に追い詰めるような使い方をしてしまうとサッカー嫌いになりかねません。干渉に当たる行為はできるだけ抑え、子供たちの考え方を少しづつコントロールするだけで良いのです。

同じように間違った方向に進んでいる時も「それでいいのかな」と疑問を投げかけてあげましょう。とにかく大切なのは少しのきっかけを提供し続け、干渉は一切行わないこと。それを継続して行なっていけば、子供たちは自分の力で自分の好きな方向へぐんぐん伸びていくことでしょう。

初心者が陥りがちな間違ったサッカー練習法とは

サッカーを始めて間もないころは、とにかくボールを蹴るのが楽しくて夢中になって遊んでいるうちにサッカー技術は自然と上達していきました。しかし、短いこの期間を過ぎてしまうと上達は止まり、飽きが来ることもあってサッカーから離れて行ってしまうということはよくありがちです。このような状況になる理由は、初心者が陥りがちな間違った練習をしていることにあるのです。

最初、まだボールを足で蹴って操るということすら慣れていなかった頃には、ただ、ボールを蹴るだけでも技術は向上していきます。真っさらな状態から始めるわけですからボールがどのような動きをするかということを目にするだけでも何らかの技術の向上になるのです。しかし、この時期を超えるとただボールを蹴るだけ、またはただ見ているだけで技術が向上するわけではなくなってくるのです。それにもかかわらず、ただボールを蹴る練習をしていても技術の向上は見込めません。これはどこかのサッカースクールやクラブなどに所属したとしても、指導者によっては同じことが起こると言えます。初心者から脱しようというこの時期に間違った練習をしているようでは、いつまでも初心者の域から脱することが出来ず結果としてサッカーから離れていくということになります。

この時期が訪れたときに重要なのは、正確な情報を得るということです。ボールの蹴り方や受け方、操り方の正確な情報を得ることでレベルは更に向上していきます。スクールやクラブに入っていても正確な情報が入ってくるとは限りません。正しい情報は情報として別個に学ぶ必要があり、スクールやクラブはそれを実践して練習する場所と考えましょう。中には正確で正しい情報を伝えてくれるスクールやクラブもあります。しかし、それは極少数に限られており、そのようなハイレベルな場所を探すには大変骨が折れます。また、運良くそのようなクラブに巡り会えたとしても、情報を得て実践に移し修正点を見つけ修正してまた実践で試すというサイクルを決められた時間の中でこなしていくことは非常に困難と言えるでしょう。

幸い、最近は様々なメディアから正しい情報を得ることができるようになっています。書籍なども含め正確な情報を運動している以外の時間で得て、スクールやクラブなどで実践するということを繰り返していけば、初心者の壁を簡単に乗り越えることができるでしょう。練習以外の時間で必要な情報を収集し、修正点を考え、実際の練習でそれを試していくというサイクルができれば非常に効率的に技術の向上を図ることができます。どんなことを学ぶときも予習や復習などの自宅学習は非常に高い効果を発揮するのです。

直接指導を受けるサッカーと、DVDで練習するサッカーとの違い

サッカーの練習方法や指導方法には様々な種類があります。実際に触れ合いながら指導し、指導を受ける方法をはじめとして、最近ではその他にも間接的にメディアなどを使って指導を受ける方法も多く広まってきています。では、直接指導を受ける(もしくは指導する)方法とDVDなどのメディアを使って指導を受ける(同)方法、それぞれの違いは一体どこにあるのでしょうか。

直接指導のメリットの第一は、当然ながら実際に触れて指導ができることにあります。ある程度の技術を持った指導者のもとであれば特に、実際の動きやテクニックを目のあたりにすることは技術の向上だけでなく好奇心やモチベーションの奮起にも繋がるでしょう。また、直接指導の第二のメリットとして出た疑問に対して詳細に解決ができることにあります。出た疑問を正確に相手に伝え、即座にそれに対する答えが帰ってくることが直接指導の魅力ではないでしょうか。更に三点目として、個々に合った柔軟な指導が可能なこともメリットとして挙げられるでしょう。ただ、ここで大切なのは指導者の質です。指導者の質が低ければその低い技量も高い技量と同じようにダイレクトに選手に伝わることになります。実際に触れて指導を受けることができるというメリットは、指導者の質によってはデメリットにもなり得るということになります。

では次にDVDやビデオなどのメディアによる指導はいかがでしょうか。メディアによる指導の第一のメリットはよりハイレベルな指導を受けることができることにあります。指導者の側もメディアを使い、直接指導をするよりも多くの人数に多くの技術を伝えることができるでしょう。第二のメリットとしては必要箇所を重点的に繰り返し練習できる点です。DVDの場合意味がわからなかった、聞き逃したという場合にも遡って再度視聴することができることはメリットの一つと考えられます。また、メディアの場合は時間や場所を選ばないことも第三のメリットとして挙げられます。ただ、メディアの場合出た疑問が具体的なものであればあるほど、解決は難しくなってくると点はデメリットと言えます。熟練してきた時にぶつかった壁をどのように乗り越えていくかが重要な鍵になってくるでしょう。

このように直接指導とメディアでの指導を見ていくと、それぞれにメリット、デメリットがあることにはすぐに気づきます。そして更に細かく見ていくことができる皆さんであれば、お互いのデメリットをお互いのメリットで補うことができるということもお気づきになられたのではないでしょうか。直接指導とメディアによる指導は併用することで大きく上達が可能なツールであるということになります。どちらにしようかと考えるのではなく、両方の指導を自分の状態に合わせバランスよく取り入れることによって効率的に、効果的にレベルアップを図ることが可能になるのです。

サッカー上達のためには正しい内容の練習が必要です!

サッカーに限らずどんなスポーツでもただがむしゃらに練習をすれば上達するわけではありません。がむしゃらに練習をしてれば確かに体力や精神力や養われるでしょう。忍耐力も付くかもしれません。技術を付けるためには練習量も考える必要はあるでしょうが、その中でも意識して正確で正しい内容の練習を重ねることが大切なのです。正しい練習を重ねることで初めて正しい技術が養われ、技術的に上達していくということになります。

では、正しい練習とはどのような内容の練習なのでしょうか。

この正しい練習の「正しい」には様々な内容があります。もちろんサッカーであればボールの蹴り方、受け方などの技術的に正しい方法を学ぶ必要があることは言うまでもありません。その他にも正しい休養の取り方を学ぶ必要もあります。あなたが指導者であれば正しい指導のタイミングを身につける必要があります。モチベーションが充分に高い選手にモチベーションを更に上げるような指導をしても効果が薄いばかりかモチベーションを下げる結果にもなりかねません。選手であれば充分にシュート技術がある選手が更にシュート技術を高めるような練習をすることで更なるレベルの向上になる場合もあれば、タイプによってはシュート以外のパスやディフェンスの技術を身に付けたほうが良い場合もあります。それは個人差であり、その方向性を正しく決めていくことも重要になって来ます。

正しい練習を行うためには正しい知識が必要です。

それに加えて、正しい知識を「正しい知識である」と認知することも必要になってきます。いくら正しい知識を持っていたとしても、その知識が正しい知識であるという認識がなければそれは無駄な知識ということになります。正しい知識は間違った知識も学んだ結果、初めて正しい知識と認知されるのです。そのためには多くの情報に触れることが大切です。一つの方法を頑なにこなしていくことも以前は美しく捉えられていましたが、これから先は様々な方法を学び、実践して取捨選択していくことが重要になってくるのです。そのためにも偏った情報に染まるのではなく、様々な方法を経験し、目にすることでさらなる幅の広さを養っていく必要があります。

その養った幅の広さはサッカーに対する人間的な深みも育ててくれます。そして、あなたのサッカー人生が更に美しいものになることは間違いありません。

サッカー上達DVDで学ぶことのできるサッカーのテクニックとは

今の世の中にはサッカーの情報としてサッカー上達のDVDなどが溢れています。1つや2つではなく多くのものが存在していることはインターネットで検索をしてみればわかります。では、その中でもどれがいいのか、どれを買おうか迷っているのであれば、興味を持ったものから順番に、できるだけ多くの種類の物を手にしてみて見ることをお勧めします。もちろん経済的に無理をしてまで手に入れろと言っているわけではありません。しかし、それぞれのDVDにはそれぞれの主張が入っています。数々の情報を取得し、それぞれの主張を満遍なく見ることで、プレイヤーに合った情報を取得するのです。

個人であれば自分にあった主張はすぐわかります。極端なことを言うと、気に入ったDVDで徹底的に学び吸収すれば良いのです。得たDVDを何度も繰り返し見ることで、日頃からその内容を意識するようになり自然に身につく技術が出てくるはずです。あなたがプレイヤーであれば一つづつじっくりと本数を重ねて情報を収集していくことが良いでしょう。DVDにはサッカーの上達に必要なコツがぎっしりと詰まっているのです。

あなたがもし、プレイヤーではなく指導者であるのならばできるだけ早めにできるだけ多くのDVDを閲覧したほうが良いでしょう。当然、何本も閲覧していれば「駄作」に当たってしまうこともあります。しかし駄作を駄作として終わらせるのではなく、どこが悪いのか、どうすれば良くなるのかを考えながら観ていけば必ずその情報は役に立ちます。特に指導者の場合は様々な年齢層や様々なタイプのプレイヤーに指導をしていく必要があります。DVDなどの情報はそれぞれに特徴や特色がありますので、多くのDVDを見ることで幅の広い指導が可能になってくるというわけです。

当然、DVDを観ただけで急に技術が上達するわけではありません。しかし、その中で得られる情報は間違っているもの正しいもの共に、サッカーに関する情報であることは間違いないのです。どの情報にも同じ内容があるのであればそれは自信を持って信じて良い情報ということになります。全くバラバラに各情報が別のことを述べているのであれば、その情報は人によってばらつきがあり、様々な上達方法がある分野ということになります。

少し話は逸れますが、様々なプレイヤーを決まった角度から撮影し、独自のDVDを作成するのも有意義でしょう。この場合、特に熟練したプレイヤーを撮影し、観察するという訳ではありません。様々なプレイヤーを一定の方向から観察し「ここが悪い」「これは良い」と判断していくだけでも上達の一歩になるのです。メディアを上手に使ってさらなる技術の向上に役立てましょう!

サッカーの上達に必要なのは体力でも精神力でもなく「コツ」!

サッカーの上達を考えたときにまず浮かぶのは体力の向上ではないでしょうか。しかし、小さい頃に体力を養うような運動をしていたからといって一流のサッカー選手になれるわけではありません。これは精神力についても同じことが言えます。幼い頃から寺に入って修行していても一流のサッカー選手になれないことは明白でしょう。では、サッカーの上達には何が必要なのでしょうか。

サッカーの上達に必要なのは体力でも精神力でもなくサッカーのコツをつかむことなのです。ボールを扱う「コツ」、ボールを取るときの「コツ」、シュートをする時の「コツ」、ドリブルの「コツ」。全てのサッカーの中でのプレイ一つ一つにある「コツ」をいかに早く吸収するかで、今の上達も当然ながら将来上達できるかどうかも変わってきます。

サッカーのボールを扱うコツはただひたすらサッカーボールを蹴っていても身につきません。ボールを扱うときの正しいコツを正確にプレイヤーに伝えることのできる指導者が必要になるのです。

今はこの「指導者」も人であるとは限りません。以前はコツを身につけるにはコツを知っている人から直接学ぶ必要がありました。当然ながら正しい情報を持ち指導力に長けた人物に指導を仰ぐのが一番であることは今も昔も変わりません。しかし今はこの重要なコツを様々な手段で情報として収集することが可能です。ボールの蹴り方についても、パスの受け方についても、プレイヤーに合った正確な情報を自分で見つけることが非常に重要になってきており、その情報は探せば得ることができるのです。

コツを知っている熟練者で、指導力に長けた人物に教えて貰える機会が運良く巡ってくればその人物の指導に沿っていれば上達できるのは間違いありませんが、自分にあった指導者にそんなに簡単に巡り会えることはありません。運悪くめぐり合ってしまったその指導者の指導でも上達していくためには、自分でもしくは周囲の人々によってプレイヤーに合った情報を収集し、その情報を実践していく必要があるのです。

幸い、今はいろいろな方法で情報を収集することができます。将来ハイレベルなサッカープレイヤーを目指す人達が自分に合った情報を見つけ、人の意見も参考にしつつ自分の流儀で上達していくことを願うばかりです。

様々な上達法の中でも特に効果の高い少年サッカー上達法とは

サッカーの上達方法には年齢による違いやがあります。ある程度のレベルに達してしまうと個人差が大きくなり大勢の人数を教えていくのは非常に苦労も大きくなってきますが、少年サッカーであれば上達の方法はある程度限られてきます。もちろん、個人差が全くないわけではありません。しかし少年期の個人差はあまり大きいものではないため、大枠の方向性さえ間違わなければ少年たちはみんな揃ってみるみるうちに上達していくのです。

大切なポイントはいくつかありますが、今回はその中でも一番大きい楽しませ方について説明したいと思います。

人は何歳であろうとも自分の興味のあることには大きな好奇心が働き、好奇心が働けば吸収力も格段に大きくなっていきます。年齢を重ねていけば重ねていくほど理性や忍耐力がしっかりとしてくるので、好奇心の少ないものでも吸収していくことが可能です。しかし、まだ未熟な子供の場合は特にこの好奇心による吸収力の変化が大きくなりがちです。

子供たちにサッカーを教えていると色々なタイプの子供が目に付くと思います。それぞれの個性は大切にしていく必要がありますが、子供たちを大きく分けるとすると以下の2つのタイプに分けることができます。

一つのタイプは自律的にサッカーを楽しんでいるタイプの子供たちです。サッカーが好きでサッカーをしているタイプ。このタイプの子供たちにはモチベーションという点については特に気を配る必要はありません。技術の練習も実際のゲームも、ゲームが上達するためであるということさえ伝えていけばぐんぐんと技術、体力共に上達していきます。時を見てゲームをしたり、サッカーで成功している人の話を聞かせてあげればさらなる上達も見込まれるでしょう。上達が早く、早い段階から主戦力になるのもこのタイプの選手が多いでしょう。

もう一つのタイプはサッカーの練習に来ている動機が他律的なタイプです。友達が来ているから来ているタイプや親や周囲に勧められて来ているタイプの子供たちです。このタイプの子供たちには積極的に話しかけるようにしましょう。コミュニケーションさえ取れれば自然とサッカーに対しても自分から進んで取り組むようになってきます。時間がかかるかもしれませんが、このタイプの子供たちに積極性が生まれれば元々自律的に取り組んでいる子供たちは更に積極的にサッカーに取り組むようになります。相乗効果で良いサイクルが生まれれば、あとは放おっておいても全体のレベルが向上していくのです。

この良いサイクルが生まれれば後は技術の指導も体力の指導も、間違った方向にさえ提示しなければ自然とお互いの間で向上するようになるでしょう。ぜひこの良いサイクルを生み出し、全体の技術向上に役立てて行ってください。

人気サイト

どうしてもお金が必要なときって誰にでもあります。キャッシングのことならお任せ!
キャッシング どこのキャッシング会社かわからない方には必見!めちゃくちゃ丁寧!
どこのエステがいいのか悩みませんか?名古屋のブライダルエステは←のエステが一番いいですよ!

このページの先頭へ